So-net無料ブログ作成

キッザニアへ [年長]

幼稚園の遠足で、キッザニア東京へ行ってきました。

このところ不調で、あまりにも良くならないため行ける気がしませんでしたが、
数日前から調子が戻りつつあったので思い切って出かけました。
子供達も喜んでくれたし。頑張って行ってよかったです。楽しかったですし。

キッザニアって何?って思ってたけど、
なかなかいい施設でした。

お仕事体験のテーマパーク?で、
じゃあ、子供だけが参加出来る遊園地みたいな感じかな、と思ってたのですが、
結構いいところでした。

事前に一応ホームページとか、お出かけナビみたいなのとかも見て行ったけれど、
いまいちピンとこなかったですが、
実際に行ってみて、結構教育的なところだったので感動でした。


うちのむすめっこはファッションショーに参加したかったのですが、もたもたしているうちに
予約がいっぱいになってしまって参加できず…、

で、
傷ついた心で歩いていたら、
お菓子工場のスタッフの方が、
「お仕事探していますか?」と声をかけてくれました。

お菓子工場は人気のお仕事なので、参加出来るなんてラッキーと私は喜び、
「はい!ちょうど探しています!ぜひぜひお願いします!」と、
むすめの意見も聞かずに席に座らせました。
本人は、やりたくない、と言っていたのですが、双子のもう一人がこれをすでに作っていて、
もしかしたら喧嘩するかもなぁ、なんて思ったりもしたのもありました。
ちなみにもう一人も、勧誘されて参加したそうです。ラッキー。
12時の時点ですでに受付は終了していて、人気があることが伺えます。

もう予定の時間にもなっているので、スタッフの方があれやこれやとどんどんセッティングして
あっという間に着替えが完了、時間が来るまで少し待っててね、とベンチに座っていました。
私はそばで立っているのが少々キツイので、少し離れたところに座っていたのですが、
なんとなく険しい表情のむすめっこ。
泣きそうな感じ。
そばに行くと、「やっぱりやりたくない!やりたくない!」と言っています。

せっかくなのになぁ、と一応説得してみるけれどももう心が折れ曲がっている感じ。
もともとやりたいものでもなかったのに、、、と顔に書いてあります。

そこへ、勧誘してくれたスタッフの方がお昼休憩に行くような感じで私物を持ってお店から
出てきたのですが、うちのむすめの様子に気が付いてくれて、

優しく優しく、それはそれは優しく、説得してくれました。
でもやっぱりやらないという。

すると今度は、実際に作るものを持ってきてくれて、
これを作るよ、こんなシールを貼って可愛くできるんだよ、とイメージを膨らませようと
してくれています。
でもやっぱりやらない。。。と言っている。

そしてその様子を見た別のスタッフの方が出てきて、
別の切り口でまた説得してくれる。
でもだめ。やらないという。

なんだか見ていて、申し訳ない気持ちでいっぱいになったのですが、
でもこれももしかして、、、、いい経験なのでは?????
私は少し離れたところから見ていました。
まあ、少し離れたところと言ってもほとんど手が届きそうな近くですけど。

そうこうしているうちに前の組の子が終わって、いよいよ私達の番です。
みんなお店に入っていきます。
すると、行かないやらない、絶対入らない、と頑なな様子。

いよいよこれは、、、謝って、中止にしよう、、、と思ったところで、

最初のスタッフの方が、
じゃあね入らなくてもいいからこのドアのところでシール貼って箱だけ作ろう、
それだけやろう、と、これまた優しく促してくれて、
お店に入ることに成功。

他の子供達とは別行動ですが、うちの子だけ別のところでシール貼りをしていました。

その途中でも「やってみる?」的なお誘いが何度かあったっぽく見えましたが、
何度かは断っていたみたいで、首を振るしぐさ。

箱だけ作って、帰ってくるのかなと思っていたら、いつの間にか、他の子供達と一緒に
作業テーブルでハイチュウを作っていました!

なんと!すごい!やる気にさせてくれたんだ!

このスタッフの方はそれからお昼休憩に行ったみたいでした。貴重な時間をありがとうございました!



この成功体験って、すごいことだと思います。

嫌だったのをやる気にかえて、
気持ちを切り替えてお菓子を作ることができた、という体験!

ただ単にハイチュウを作る、っていう体験じゃない、
お仕事をする、最後までやる、っていうことを体験できたのはすごいと思いました。


ただ遊ぶってことじゃないんだ。


子供だけで、というところもポイントなんでしょうね。


子供だけ入店可のお店がありますが(三越)、
そこで買い物したこともものすごく嬉しかった様子で、

「私はね、ひとりで、ひとりだけでお店に入ってね、
自分で買ったんだよ!これはわたしがひとりで買ってきたんだよ!」

と嬉しそうに自慢していました。

買ったものはなんか小さな小さなシール8枚、でしたが、
それはそれはうれしそうで。私も嬉しくなりました。


スタッフの方々がみんなスペシャリストなのかどうかはわかりませんが、
少なくとも、安易なアルバイトでは無く、教育的視点に立って接していることは感じました。

また行ってもいいかな、と思っています。
もうちょっと元気になってから…、ね。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます